FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ治ってないようです。

しばらく、ブログの記載が出来ていませんでした。
理由は、ちょっとしたトラブルが起きて精神的に
参ってしまっていたからです。
普通の人から見たら、しょうもないと思われるようなことですが・・・
(実際、以前の私だったら、どいうでもないことでした )

11月24日(土)のことでした。
復職へのリハビリも兼ねて、友人達と紅葉を見に行きました。
私が失踪したことを知っている友人達のため、
できるだけ人が少ない穴場を選択してもらいましたが、
綺麗な紅葉を満喫することが出来ました。

トラブルは帰り道でおきました。
帰りの電車に乗るため、ホームに降りた時、
失踪直前まで働いていた、職場の最寄り駅の行き先掲示板が
デカデカと目に入ってきました。

帰り道の反対方向だったのですが、その路線の終着駅が、
職場の最寄り駅だったのです。そのため、ホームに最寄り駅が
デカデカと記載されていました・・・。
長い距離を歩きながら紅葉を見たため、行きと帰りの電車の路線が
異なっていました。

ホームに降りた瞬間、どうしようもない不安感に襲われ、
ホームから逃げ出したい。いや、全ての事から逃げ出したい気持ちになりました。
友人と一緒だったため、手をバクバクいっている心臓にあてて、
『抑えろ!抑えろ!』と心の中で何度も何度も叫び、
なんとか、以前のように失踪せずにすんだのですが、
不安感の吹き出し先が、涙という形であふれ出てきました。。。

一度、あふれ出た涙は勢いを増すばかりでなかなかおさまらず、
駅のホームで号泣してしまいました。
友人達も、急に手を心臓にあてて泣き出した私に戸惑い、
「大丈夫か?」「どうした!?」と声をかけてくれたのですが、
私は、失踪しないように体をコントロールするのに必死で、
周りであたふたする友人達に返事をすることが出来ませんでした。
それを見て申し訳なさを感じ、さらに涙があふれ出てきました。

もちろん、駅のホームなので人がたくさん通りすぎるのですが、
みんな、こちらを変な目で見ていきました。
もちろん、友人達もその奇異な目にさらされました。
そうすると、私よりも友人達に申し訳なくてさらに
涙があふれ、どうにも止まらなくなりました。

結局、30分~1時間程泣いて、ようやく涙がおさまりました。
帰り道、友人達は腫れ物に触るように、私の扱いをどうしたら良いのか
分からない状態のまま、会話もなく帰りました。
その日は何とか家に帰れたのですが、家でも思い出し泣きをしてしまい、
嫁にも心配をかけてしまいました。
精神的に、本当に打ちひしがれてしまい、グッタリして
しばらくは何もできませんでした。

一緒にいた友人達に、泣いた理由を説明しないといけないと、
思っているにも関わらず、それができたのも1週間後のことでした。

私は、派遣で顧客先に行くため、自分の会社の最寄り駅と、
職場の最寄り駅は全く別でした。
自社の最寄り駅まで行ける事は分かっていたのですが、
うつの原因となった問題の職場については、
最寄り駅の看板すら、満足に見ることも出来ませんでした。。。

紅葉観光の数日前には、「そろそろ仕事に戻る頃かな」と思っていた自分の考えが
大甘だということに気づかされた事件でした。
今、思い出してみても、不安感が湧き上がってきます。
まだまだ、こういうことがこれからも出てくると思います。
どうしたらいいのか。どうなったら完治したと判断でき、復職できるのか。
そして、今までの休職はなんだったのか。無駄だったのか。
本当にどうしたらいいのか分かりません。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 30000

紹介文:自殺したが、失敗。
今後、自殺するか復職できるかの
狭間で揺れ動いてる感情や日常の出来事を
書いてます。
自殺した場合は、一人のブロガーが自殺する瞬間というか、それに近いことをブログを通して見ることが可能です。それに至る感情の動きも見れます。
逆に復職できた場合、復職するまでの経過を見て、復職を目指す方への道筋になるのではないかと思っています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

タム

Author:タム
一度、自殺に失敗し、治療のために休職生活を行っている30台後半の男です。
1ヶ月以上、更新されてなかったら自殺してます。
というか、みんな、死んだら良いねん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。