FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失踪届の取消をしました(だいぶ前ですが・・・)

 テレビで警察を見ていて思い出したので、
失踪届の取消を行った時の事を書こうと思います。
こういう経験をする人は、少ないと思いますので・・・。

 私が会社に行けなくなって失踪した日に、
嫁が警察へ行き、失踪届を出しました。
私が戻ってきてからは精神的にバタバタしていて、
その事を、嫁が忘れていました。

 私の休職生活が始まって2ヶ月くらい経った頃、
だいぶ落ち着いてきたのもあり、嫁が失踪届の取消をしないと
いけない事を思い出して、警察へ行くことになりました。

 ただ、嫁もうつで、非日常的な場所である警察署へ、
行くこと自体がストレスになります。
そのため、私が一人で行くことになりました。
(まぁ、私もうつなんですが、2ヶ月経った頃は、
 外出するのは問題ない状態でしたし、
 私自身の事でしたので、私がやったほうが良いと思いました)

 警察署の場所は知っているので問題なく到着。
ただ、どの部署(課)に行けば良いのか分からないので、
入り口にある受付で確認。
生活安全課に行けば良いということで、行きました。

 そこで、本人確認の証明のために免許証を渡して確認が
完了した後、失踪していた期間とその間の行動を簡単に聞かれました。
特に、事件性の有無を確認されました。
ここらへんが、やはり、警察なんだと実感。
失踪期間については、素直に答えました。

 最後、届けを出した嫁に、本当に私が戻ってきたのか?
を電話で確認し、それが完了して、失踪届の取消が完了しました。
特に書類の提出は必要なく、時間も10~20分ほどでした。
ただ、どうも失踪した本人が1人で届けの取消に来るのは珍しいのか、
対応をして頂いた警察官の方が少し、戸惑われていたのが印象的でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 30000

紹介文:自殺したが、失敗。
今後、自殺するか復職できるかの
狭間で揺れ動いてる感情や日常の出来事を
書いてます。
自殺した場合は、一人のブロガーが自殺する瞬間というか、それに近いことをブログを通して見ることが可能です。それに至る感情の動きも見れます。
逆に復職できた場合、復職するまでの経過を見て、復職を目指す方への道筋になるのではないかと思っています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

タム

Author:タム
一度、自殺に失敗し、治療のために休職生活を行っている30台後半の男です。
1ヶ月以上、更新されてなかったら自殺してます。
というか、みんな、死んだら良いねん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。