FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺失敗直後1(自宅へ戻る)

 自殺に失敗した後、行く所もなく、自宅に帰った。
家族は嫁と私の2人暮らし。家の鍵は途中の海に投げ捨てていたので、
チャイムを鳴らして、家に入れてもらった。

 助かったのは、嫁が普通に「おかえり」と言ってくれたこと。
こちらも、「ただいま」と言って、お互い、
泣きながら抱き合った。
俺は、「ごめん」を連発し、嫁は、「帰ってきてくれてありがとう」を
言い続けていた。

 お互い、落ち着いてきた所で、俺から、
失踪してる間は死に場所を探していたこと。
遠地で死ぬと家族へ迷惑がかかるので、近場で自殺したが、
失敗に終わり、次にどうすれば良いのかが分からず、
帰ってきたことを伝えた。

 嫁は、嫁自身がうつであるため、会社がいやになって逃げ出し、
いずれ帰ってくると信じていた
俺が真面目で融通が利かない性格であるのを知っているため、
「不倫先に行った」とか、「借金を作ってそれから逃げ出した」のではない
事を見抜いていた。嫁の観察眼には、正直、恐れ入った。。。


 翌日、嫁は仕事へ行った。ただ、普段は朝が弱い嫁が、
仕事に出かける前に、コンビニでパンやおにぎりを買ってきてくれて
いたのには驚いた。
俺は、自殺する時に大量に飲んだウイスキーの影響が、
体に残っていたため、それに気づかず、目が覚めたのは、
嫁が出かける時だった。

 失踪している間、本当に心配をかけたのだと、
心から感じた。そして、心が弱いはずの嫁が、
たくましくなったと実感した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 30000

紹介文:自殺したが、失敗。
今後、自殺するか復職できるかの
狭間で揺れ動いてる感情や日常の出来事を
書いてます。
自殺した場合は、一人のブロガーが自殺する瞬間というか、それに近いことをブログを通して見ることが可能です。それに至る感情の動きも見れます。
逆に復職できた場合、復職するまでの経過を見て、復職を目指す方への道筋になるのではないかと思っています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

タム

Author:タム
一度、自殺に失敗し、治療のために休職生活を行っている30台後半の男です。
1ヶ月以上、更新されてなかったら自殺してます。
というか、みんな、死んだら良いねん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。