FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津の中学生の自殺について

 大津の中学生が自殺した件について、報道が
少なくなって来ているので、ブログに書いてみようと思う。
報道が多い時に書くと、興味本位と思われるから。
興味本位ではなく、自分自身を見直す意味で書きたい。

 私も中学生の時にイジメは受けていた。
おとなしく真面目。融通がきかないタイプで人気も無い。
イジメのターゲットにされやすいタイプだったのだろう。
だが、ニュースで見た大津での件ほどひどくはなかったのと、
ある出来事でイジメが無くなったため、
自殺しなかったし、しようと思くこともなかった。

 その出来事とは、担任の先生に言っただけだった。
その時の先生は、今で言う、カリスマ性があり、生徒に親しまれていた
先生だった。生徒が言うことは信じる。
それが裏切られたら、トコトン怒るが、同時に、生徒の言い分も聞き、話し合う。
そんな先生だった。

 先生に自分がいじめられている事を言った。
そうすると、いじめていた生徒と先生で話し合いが行われたようで、
翌日から、イジメは無くなった。
(何事もなかったかのように通常の生活に戻った)

 今、思えば、その子はいじめている自覚はあったのだろう。
ただ、おとなしい私が、先生に言うほど追い詰められていたとは
思っていなかったようだ。

 いや、悪い見方をすれば、いじめられたのは中3の時だったため、
いじめたその子は、高校進学に影響(内申書等)が出ると思ったのかも
しれない。詳しいことは分からない。
その子と話をしたいとは、一度も思わなかったし、
今も、思っていないからだ。

 今回の私の自殺失敗については、状況的に似た点があったのかもしれない。
イジメではなく、叱責ではあったが、心理的に追い詰められていた。
中学の時は、なんとかしてくれる存在(担任の先生)がいたため、
逃げ出さずに済んだ。

 だが、今回は、そういう存在が居なかった。
だから、現実から、自分自身から、生活そのものから、
逃げ出そうとしたのだと思う。
その結末が自殺失敗になったのだと。

 大津の中学生にとって、私の担任の先生のような存在がいなかったのが、
すごく悲しく思える。本当に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 30000

紹介文:自殺したが、失敗。
今後、自殺するか復職できるかの
狭間で揺れ動いてる感情や日常の出来事を
書いてます。
自殺した場合は、一人のブロガーが自殺する瞬間というか、それに近いことをブログを通して見ることが可能です。それに至る感情の動きも見れます。
逆に復職できた場合、復職するまでの経過を見て、復職を目指す方への道筋になるのではないかと思っています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

タム

Author:タム
一度、自殺に失敗し、治療のために休職生活を行っている30台後半の男です。
1ヶ月以上、更新されてなかったら自殺してます。
というか、みんな、死んだら良いねん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。